インジェラはテフを粉にして水と混ぜて発酵させ、クレープのように薄く焼いた生地のことで、エチオピアの伝統的な主食です。インジェラは紀元前から存在していたとされるほど歴史は古く、エチオピア北部の高原地帯の食べ物であったものが、19世紀末のエチオピア帝国の拡大に伴ってエチオピアの南部地域にも広まっていったとされています。
インジェラは発酵のため酸味があり、肉、野菜、豆類を煮込んだワットと呼ばれる煮込み料理などをお皿のように上に盛って食べるのが通常で、朝昼晩関係なく、間食に食べることもあるというほど、エチオピアの人々にとって、なくてはならない主食となっています。

インジェラの作り方

材料(2人分)

・ラブリーテフパウダー…100g
・ドライイースト…3g
・水…300cc
・卵…1個
・塩…少々

作り方

上記の材料をしっかりとボウルなどの容器で混ぜ合わせ、容器の上にふきんをかけるなどして蓋をして、常温で1~3日発酵させます。ふつふつと溶き液に泡が出て発酵したら、生地をフライパンに薄く延ばして焼き、クレープ状に焼いて完成です。

エチオピアでは、このインジェラの上に、鶏肉や牛肉を使ったスパイシーなワットやひよこ豆や野菜などをのせて、インジェラを少しずつちぎって包んで食べます。
エチオピアには男女問わず親しい仲で美味しいところを取り分けてお互いに食べさせあう「グルシャ」という文化があります。食べ物を分け合う動作を「マグロス」と言い、「グルシャ」は美味しいところを分け合った食べ物のことを意味します。主にインジェラをこのように食べさせあって、「バッカ!(もういい!)」と言うまで食べさせ続けられるそうです。
美味しいインジェラは発酵がポイント。発酵した生地にできる黄色い上澄みは「イルショ」と呼ばれ、現地では、一部を次にインジェラを作るときに再利用されるとか。
本来はテフと水だけを使用しますが、気温や湿度が違う日本では発酵もふんわり感も上手にいかないので、米粉やイースト菌を混ぜて作ることが多いようです。
焼き上がった生地に空いた穴は「アイン(目)」と呼ばれ、これは発酵させることによってできるもの。穴の数の多さや並びがインジェラの善し悪しの評価ポイントとなり、「美味しいインジェラをつくれないとお嫁にいけない」とも言われるとか。
インジェラには発酵食品独特の匂いと酸味があり、発酵にかけた時間が短いと芳しい香りがする甘い生地に仕上がり、逆に発酵にかける時間が長ければ酸味の強い生地となります。



インジェラの効能

  • 抗酸化作用
  • 抗菌作用
  • プロバイオティクス...腸内細菌バランスをととのえて、ヒトのからだに良い働きをしてくれる生きた微生物のこと
  • プレバイオティクス...プロバイオティクスの働きを助ける成分のこと

インジェラを作るならラブリーテフパウダー!

ラブリーテフパウダー
商品詳細はこちら
100g/1,240円(税抜)
公式オンラインショップで購入する
300g/3,300円(税抜)
公式オンラインショップで購入する

インジェラと腸内環境の関係についてはナグモクリニック院長の南雲先生のこちらのコラムもどうぞ!

⇒なぜ「命の食事」プロジェクトを始めたのか?~南雲吉則医師が語る「テフ」の魅力~
⇒私のテフの取り入れ方「インジェラ」
⇒南雲吉則医師が語る「お勧め腸内健康法」~テフガレットの作り方~

特定商取引に基づく表記 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ