キヌアは、ペルーのチチカカ湖周辺原産のアカザ科の一年草植物で、古くインカ帝国の人々の間で主食として利用されてきました。インカの人々にとってキヌアは主要な食料であるとともに、宗教上の重要な作物であったため、彼らはキヌアを、“chisiya mama(母なる穀物)”と呼んでいました。※1

おすすめの食べ方
白米と混ぜて炊いたり、粥、リゾットやスープに入れたり、茹でたキヌアをサラダ、グラノーラ、カレーのトッピングとして。無発酵パン、団子など
購入する

キヌア

200g入り 700円(税抜)

数量

<ご使用時の注意>
必ず加熱調理してお召し上がりください。
天産物のため、若干の味・色目の違いがある場合がございますが、品質には影響ありませんので安心してお召し上がりください。
原料は選別しておりますが、加工上除去しきれない原料由来の皮等が残っている場合がございます。